• Welcome to Tsou Ma Lai Farm

農場紹介

最終更新日:2014-09-26 16:33:43




走馬瀬は草の栽培からスタートし、後に観光レジャー農場として開園しました。第1回合法風景遊楽区の標章を獲得し、11年連続で優等、特優園区に認定されています。また2004年11月、農業委員会委託の台湾レジャー農業協会による審査では優良レジャー農場の標章を獲得しました。

 

走馬瀬農場は120ヘクタールの敷地を有し、その広さは台北の大安森林公園四個分に相当します。1988年台南市農協によって経営開発が進められ、全国初の観光農業テーマパークとしてオープンしました。農場では1992年教育部の第七回全国ボーイスカウトキャンプ大会が行われ、2006年にも世界ボーイスカウト百周年キャンプ大会が開催されました。また1995年には文化建設委員会の全国文芸季が開催され、1998年からは全国初の農業観光レジャー施設として四季を通じて多くの観光客が訪れています。一年365日、緑あふれる農場は自然の中で健康的なレジャーが楽しめる格好の観光スポットとして人気を集めています。